こちらに移転しました。以後、記事はそちらで更新します。また、こちらは数か月を目途に非公開にし、過去記事は移転先に転載いたします。

the GazettEを振り返る:第2回「『NIL』『STACKED RUBBISH』『DIM』~意識・実力・環境の変化とその影響~」

1. はじめに 00年代ネオヴィジュアル系四天王として売り出され、 その音楽性からシーンで最も話題を集め、そしておそらくもっとも“売れている”のがthe GazettEです。彼らの音楽性を知ることは、00年代以降のヴィジュアル系シーンを知ることに繋がります。 8月の新作『DOGM… 続きを読むthe GazettEを振り返る:第2回「『NIL』『STACKED RUBBISH』『DIM』~意識・実力・環境の変化とその影響~」 »

ヴラストビート(ヴィジュアル系ブラストビート)と境界の破壊:SWARRRMとキズ

敬称略。90年代に活躍し、いままた再評価されているヴィジュアル系バンドMadeth gray’ll。そのギタリストだった泉が、2018年に自身のバンドを「ヴラストビート」と定義しました。(正確には「ヴラストビーツ系」ですが、ここではブラストビートという一般表現にならい… 続きを読むヴラストビート(ヴィジュアル系ブラストビート)と境界の破壊:SWARRRMとキズ »

シューゲイザー・チャートに「個人の趣向による分類」を感じる

Twitterでシューゲイザー・ガイド・チャートが話題になりました。 これ↓です。 出典はここ。2015年の画像で、もともとは4chanのスレのようです。 My Bloody Valentine『Loveless』 Slowdive『Souvlaki』 Ride『Nowhere』… 続きを読むシューゲイザー・チャートに「個人の趣向による分類」を感じる »

ユナイト『NEW CLASSIC』:ヴィジュアル系ファンクロック~ネオ・オサレ系爆誕~

化粧をした男前は好きですか。私は好きです。最近は好きすぎて「Madmans Espritのギュホになりたい…… いや、ワシはもうすでにギュホや!!」と狂人の精神でもってグッズを買いあさっています。 さて、日本がほこるヴィジュアル系屈指の「お顔キレイ……」集団ことユナイトが、201… 続きを読むユナイト『NEW CLASSIC』:ヴィジュアル系ファンクロック~ネオ・オサレ系爆誕~ »

After Hours’19の第1弾およびenvyと9mm滝にみる2019年シーン横断の動き

(※敬称略) 2019年1月18日、envy、MONO、downy、toe、Borisという、日本の先進的なロックバンドが中心となったフェス「After Hours’19」。「芸術を駄目にするものへの闘争」をテーマとするこのイベントの、第1弾アーティストが発表されました。 Aft… 続きを読むAfter Hours’19の第1弾およびenvyと9mm滝にみる2019年シーン横断の動き »

Apple Musicで「おま国」されているか確認する方法(Spotifyは無理)

「おま国」とは おま国とは、「売ってるがお前の国籍が気に入らない」 もしくは 「お前の国には売ってやんねーよ」 の略。読み方は「おまこく」「おまくに」。(おま国とは (オマクニモシクハオマコクとは) [単語記事] – ニコニコ大百科) 「自国では配信されていないのに、… 続きを読むApple Musicで「おま国」されているか確認する方法(Spotifyは無理) »