自分の直感

再生ボタンを押して最初にまとまった音が流れたとき、どれだけ心が動かされるか。購入するか否かを決める重要な点でしょう。「人間の評価はほとんど第一印象で決まる」という文句を一度は聞いたことがあるとおもいます。また、映画に詳しい友人は「最初の2分くらいで良い映画かどうかわかる」と言っていました。音楽でも同様で、その作品の音の輪郭がではじめたところで大体好き嫌いはわかってしまいます。

第一印象にもっとも影響をあたえるのは“音作り”でしょう。低音がでているとか、芯があるとか、ひしゃげているとか。音作りは非常に重要です。なぜなら通常、それは作品を通して一定だからです。曲のつくりや雰囲気はひとつの作品中で変わることもおおいですが、音作り性は変わりません。アルバムの最後に入ってるおまけのデモ音源がアルバムの流れで認識されず、「あ、こっからデモ音源だな」とわかるのはこの音作りによるところが大きいでしょう。また、ミュージシャンが機材をやりくりして音作りに苦心していることからも、その重要さが伺えます。

音作りがあうアルバムを聴くのは幸せなことです。ケーキ好きがケーキバイキングにいくようなものです。逆に好みにあわない作品を聴くのはなかなか苦痛です。ナスが嫌いなひとにとっては、どんな味付けを工夫してもナスはナスでしかありません。ナス料理のフルコースなんてわざわざお金を払って食べる必要はないでしょう。

ということで購入動機としてひとつ、試聴の段階でどれだけピンと来たか、というのがあげられます。

ただし、じぶんの根本的で直感的な好き嫌いでのみ判断し、気の向くままに好きな音楽だけを聴くといずれ食傷します。飽きやすくなり、耳も偏ります。持続的かつ刺激的な、「健康的」な音楽生活を送るためには他の音楽もバランスよく聴くことをオススメします。

他人の評価

「他人の評価で購入する」とは、試聴してピンと来なくても購入するということです。

そういう作品をわざわざ聴くことにもきちんと「健康上の」意味があります。以下の3つの場合で考えてみましょう。

  • 好みにあわない
  • よくわからない
  • 作品がクソ

好みにあわない

「こういう音楽は好みじゃない」という感覚が具体的な作品名とあわせて認識されることは、直感を鋭敏にします。鋭敏になった直感は、自分の好みの音楽を探すのに役に立つでしょう。

よくわからない

その作品を理解するための土台がないことがおおいです。土台ができると「聴きどころ」がわかるようになります。この「聴きどころ」は他の音楽にも適用できます。うまくすると、自分の好みの音楽のよさも再認識できるかもしれません。

以上どちらかにあてはまる作品の場合、経験を積むことで、ある日すばらしい作品に聴こえるようになることがあります。食べ物で「○○は絶対食わねえとおもってたけど、最近むしろ好きだ」という話はよく聞きますが、あれと同じです。ピンと来ない作品をハジくことは、じぶんのなかに潜在している好みの作品、ないし好みそれ自身の放棄でもあるのです。

作品がクソ

とはいえ、そんなことは関係なく、じぶんにとってクソでしかない作品に出会うこともあるでしょう。そういうときは「いい経験になった」などとムリしてクソを食うのはやめて、中指立てて踏みつけてやりましょう。その衝動も感動のひとつです。

どの作品を選ぶ?

自分の直感にしろ、他人の評価にしろ、どの作品を試聴し、購入するのか。その判断に役に立つのがレビューです。私は「特定のレビュー媒体で条件Aを満たしたものは試聴する、条件Bを満たしたものは購入する」と決めています。たとえば「Metacriticsで月末もっとも高評価だったもの」。たとえば「Pitchforkで30点以下だったもの」。こうすることで、まったく興味がない作品でも試聴したり購入したりする動機ができます。

対象となるレビュー媒体は愛読誌でも素人のブログでも大手レビューサイトでも、なんでもよいです。私は以下の点を重視しながら、複数のサイトを参考にしています。

得点がついている

レビューを読む手間を省きます。

幅広い分野を扱っている

「幅広い音楽を聴いている人間の聴き方」がわかります。

特定の分野しか扱っていない

「その分野に特化した人間の聴き方」がわかります。

あくまで購入の参考にするのが目的なので、読み物としておもしろいかどうかは二の次です。

まとめ

「健康的」な音楽生活を送るための流れは以下のようになります。

  • 自分の直感:レビューなどで興味を持ったら、とりあえず試聴し、気に入ったら購入する
  • 他人の評価:特定の条件を満たしたら、つべこべ言わず試聴するか購入する

ここまで書いておいてなんですが、べつに音楽なんて「健康的」でなくてもよいのです。身体は健康的でないと不都合がでてきますが、音楽鑑賞ではそういうこともありません。「健康的」とはひとつのやり方でしかありません。というか私は「健康的」であったことに多少の後悔もあるくらいです。浅い!浅いんだおれはっ!!

とはいえ、おおくの情報がたやすく手に入る昨今、この記事が示す「健康的」なやり方が、情報選択に少しでも役に立てばよいなあ、とおもっております。

投稿日:2012年12月31日