メタル/ハードコア系個人レーベル兼音楽レビューサイト。

SANNHET『Revisionist』:ドローン合格、バンドは欠損。

sannhet-Revisionist

インストゥルメンタルバンドの聴きどころ

未完成――それがこの作品を最初に聴いた印象だ。

彼らのようなインストゥルメンタルバンドは、ボーカルというもっともわかりやすいパートを持っていない。だからこそ「ボク、最近インストバンド聴いてるんだよね」という、「私は皆より音楽的に高度なバンドを好いています」アッピールをしたい眼鏡大学生があとを絶たず湧いてくるわけだ。当然演奏するほうはそうしたハードルの高さは百も承知で、あるいは単純に己の感性がそうであるからで、そのぶん、何かしらの要素でボーカル的な面を補填している場合がほとんどである。それは2000年代以降の日本でインストバンドを広く普及させるのに貢献したであろうtoeを聴けばすぐにわかるだろう。

情緒豊かなギターのメロディが完全に主役を担っている。また、小刻みかつ抑揚の効いたドラミングや、バンドとしての強度を支える力あるベースによるほどよい緊張感のアンサンブルは、歌という耳を惹きやすい要素がないためより意識されやすいということもあり、ひとつの大きな魅力として耳に届く。

あるいは昨年の『the JOY of MOTION』が好評だったジェントの最大手ANIMALS AS LEADERS。こちらはtoeのようにメロディックではないが、当ジャンル得意のリズムの絡みを主軸としたテクニカルな演奏は十分に聴き手を惹きつけるバンドの特徴として働く。

主役不在のバンド

さて、SANNHETである。交友関係からポストブラックメタルという枠で語られやすい彼らは、やはり音のほうもそうした傾向がある。残響するトレモロギターに低音発生機と化したベース、高速で打ち付けられるドラム――ボーカルがないことを除けば、ポストブラックの特徴そのままである。前作『Known Flood』では、ここに少しのメロディとスラッジメタルのような叩きつけるアンサンブルが加わり、その力強さを主にして、ポストブラック特有のナヨさをうまく「強度のある感情」という主役へと昇華させていた。

さて、本作はどうだろうか。

音の配置としてメインを務めそうなのは、中央から聴こえるリヴァーヴギターだ。しかしながら、その音は遠く、過剰なまでに反響する。奏でるメロディの輪郭は、その音の遠さと、リヴァーヴ効果で次々に被さってくる音によって、強くぼやける。したがって、バンドのなかでボーカル的役割を果たすには少々不安定だ。

バンドアンサンブルを聴いてみよう。左右にあるやや低音を補強しているギターは、リフを形成するには同様に実態が曖昧だ。ベースはかなり低域によった音作りで、バンドの土台を支える役割としては充分だが、それ以上の主張は感じない。さらに言えば、ベースの配置が中央にあって左右のリフ的なギターやスネアと距離が離れてしまっているため、その膨張感のある音も影響して、全体の一体感があまりない。コード進行は大きく振れることなく複雑とは言えず、ドラムもブラストビートと、弦楽器にタイミングをあわせて打つ方法が主で、決して凝っているとは言えない。全体として、各楽器のせめぎ合いや緩急などの趣は感じられない。

このように、本作はメロディにしろ、バンドとしての力強さにしろ、技術にしろ、なんというかこれだ!というようなわかりやすい必殺バンド要素がないのだ。こうした特長が最も良く出ているのが#9「False Pass」の2分40秒以降だろう。もはや形を成すことを放棄したギターが反響するなか、やけに目立つがしかし単調なベースとビートを逸脱しないドラムが鳴り響く。

この主役不在の音作りが、私が感じた未完成さの原因だろう。

ドローンバンドとしてのSANNHET

本作の音作りに関して、ギタリストであるJohn Refanoはこう述べている。

(…) we use a lot of the aesthetics that may come from metal—extreme volume and noise—but we try to put it in a different context. (…) With the guitar, for example, there’s riffs here and there, but in general my main interest is building up drones like a Wall of Sound—lots of textures and layers where it’s more like a big wash rather than tight metal riffing.

(…) 極端なボリュームとかノイズとか、メタル由来の側面はたくさん使っているんですが、それらを違う文脈に持っていこうとしてるんですよ。(…) 例えばギターだったら、まあリフはそこここにあるんですが、でも一番気をつけてるのは、タイトなメタルのリフじゃなくて、たくさんのテクスチャーやレイヤーでの大きなうねり――ドローンのような音の壁を作り上げることなんです。*

これを読めば、いわゆるバンド的な要素が減退したのは意図されたものだということがわかる。確かにドローン的な観点で彼らのギターの音作りを聴くと、その辺の貧乏ブラックや雰囲気インディバンドが逆立ちしても及ばない分厚くうねる音の壁を作り上げている。私のようなバンド耳のひとでなければ、バンド的部分をおまけとして、役割や一体感などいちいち考えず、ただただうずまくノイズに耳を委ねるという聴きかたをして十分に満足できるだろう。

それでもやはり、私は彼らにバンドであることを求めているし、おそらく彼らだってバンドであることに意義を感じているに違いない。わざわざこの形態で作品を作っているのだから。また、作品中でバンド的であろうという意思を、それが成功しているかどうかは別として、何度も感じた。信念そのままに、メロディやアンサンブルではなく、ドローンギターが主役としてもっと自然にバンドに入り込んだら、きっとさらにおもしろい音楽になるに違いない。次回作を期待して待つとしよう。

リツイート用

関連記事