sannhet-Revisionist

SANNHET『Revisionist』:ドローン合格、バンドは欠損。

インストゥルメンタルバンドの聴きどころ

未完成――それがこの作品を最初に聴いた印象だ。

彼らのようなインストゥルメンタルバンドは、ボーカルというもっともわかりやすいパートを持っていない。だからこそ「ボク、最近インストバンド聴いてるんだよね」という、「私は皆より音楽的に高度なバンドを好いています」アッピールをしたい眼鏡大学生があとを絶たず湧いてくるわけだ。当然演奏するほうはそうしたハードルの高さは百も承知で、あるいは単純に己の感性がそうであるからで、そのぶん、何かしらの要素でボーカル的な面を補填している場合がほとんどである。それは2000年代以降の日本でインストバンドを広く普及させるのに貢献したであろうtoeを聴けばすぐにわかるだろう。

情緒豊かなギターのメロディが完全に主役を担っている。また、小刻みかつ抑揚の効いたドラミングや、バンドとしての強度を支える力あるベースによるほどよい緊張感のアンサンブルは、歌という耳を惹きやすい要素がないためより意識されやすいということもあり、ひとつの大きな魅力として耳に届く。

あるいは昨年の『the JOY of MOTION』が好評だったジェントの最大手ANIMALS AS LEADERS。こちらはtoeのようにメロディックではないが、当ジャンル得意のリズムの絡みを主軸としたテクニカルな演奏は十分に聴き手を惹きつけるバンドの特徴として働く。

主役不在のバンド

さて、SANNHETである。交友関係からポストブラックメタルという枠で語られやすい彼らは、やはり音のほうもそうした傾向がある。残響するトレモロギターに低音発生機と化したベース、高速で打ち付けられるドラム――ボーカルがないことを除けば、ポストブラックの特徴そのままである。前作『Known Flood』では、ここに少しのメロディとスラッジメタルのような叩きつけるアンサンブルが加わり、その力強さを主にして、ポストブラック特有のナヨさをうまく「強度のある感情」という主役へと昇華させていた。

さて、本作はどうだろうか。

音の配置としてメインを務めそうなのは、中央から聴こえるリヴァーヴギターだ。しかしながら、その音は遠く、過剰なまでに反響する。奏でるメロディの輪郭は、その音の遠さと、リヴァーヴ効果で次々に被さってくる音によって、強くぼやける。したがって、バンドのなかでボーカル的役割を果たすには少々不安定だ。

バンドアンサンブルを聴いてみよう。左右にあるやや低音を補強しているギターは、リフを形成するには同様に実態が曖昧だ。ベースはかなり低域によった音作りで、バンドの土台を支える役割としては充分だが、それ以上の主張は感じない。さらに言えば、ベースの配置が中央にあって左右のリフ的なギターやスネアと距離が離れてしまっているため、その膨張感のある音も影響して、全体の一体感があまりない。コード進行は大きく振れることなく複雑とは言えず、ドラムもブラストビートと、弦楽器にタイミングをあわせて打つ方法が主で、決して凝っているとは言えない。全体として、各楽器のせめぎ合いや緩急などの趣は感じられない。

このように、本作はメロディにしろ、バンドとしての力強さにしろ、技術にしろ、なんというかこれだ!というようなわかりやすい必殺バンド要素がないのだ。こうした特長が最も良く出ているのが#9「False Pass」の2分40秒以降だろう。もはや形を成すことを放棄したギターが反響するなか、やけに目立つがしかし単調なベースとビートを逸脱しないドラムが鳴り響く。

この主役不在の音作りが、私が感じた未完成さの原因だろう。

ドローンバンドとしてのSANNHET

本作の音作りに関して、ギタリストであるJohn Refanoはこう述べている。

(…) we use a lot of the aesthetics that may come from metal—extreme volume and noise—but we try to put it in a different context. (…) With the guitar, for example, there’s riffs here and there, but in general my main interest is building up drones like a Wall of Sound—lots of textures and layers where it’s more like a big wash rather than tight metal riffing.

(…) 極端なボリュームとかノイズとか、メタル由来の側面はたくさん使っているんですが、それらを違う文脈に持っていこうとしてるんですよ。(…) 例えばギターだったら、まあリフはそこここにあるんですが、でも一番気をつけてるのは、タイトなメタルのリフじゃなくて、たくさんのテクスチャーやレイヤーでの大きなうねり――ドローンのような音の壁を作り上げることなんです。*

これを読めば、いわゆるバンド的な要素が減退したのは意図されたものだということがわかる。確かにドローン的な観点で彼らのギターの音作りを聴くと、その辺の貧乏ブラックや雰囲気インディバンドが逆立ちしても及ばない分厚くうねる音の壁を作り上げている。私のようなバンド耳のひとでなければ、バンド的部分をおまけとして、役割や一体感などいちいち考えず、ただただうずまくノイズに耳を委ねるという聴きかたをして十分に満足できるだろう。

それでもやはり、私は彼らにバンドであることを求めているし、おそらく彼らだってバンドであることに意義を感じているに違いない。わざわざこの形態で作品を作っているのだから。また、作品中でバンド的であろうという意思を、それが成功しているかどうかは別として、何度も感じた。信念そのままに、メロディやアンサンブルではなく、ドローンギターが主役としてもっと自然にバンドに入り込んだら、きっとさらにおもしろい音楽になるに違いない。次回作を期待して待つとしよう。

リツイート用

animal_study_panda

メタルを勉強したいなら、Metal Stormを使います。

歴史を意識して音楽を聴く

ある音楽を聴くことは、その作品単体の点としての感動に繋がります。さらに、複数の作品を聴くことで、その感動は、ある作品が別の作品の評価へ影響を与えるなどといった形で、線や面、立体、高次元体的なものへと発展していきます。

そうして際限なく広がっていく、だからこそ忘れられてしまうこともある体験に「歴史」というひとつの指標を通すことは、その膨大な感動を体系的に整理し、自身の蓄積された経験として固定するのに役に立ちます。そしてその経験は、きっとさらなる感動へと繋がっていくでしょう。

あるジャンルの歴史を後追いするひとつの方法として、時系列に沿ってそのジャンルの名作を聴いていく、というのがあります。そこで、今回は本サイトでも取り上げることが多いメタルというジャンルにおいて、そうした聴き方をするにあたって参考になるサイト「Metal Storm」とその使い方を紹介いたします。

Metal Stormとは?

http://www.metalstorm.net/home/Metal Storm

Metal Stormはエストニア発のメタル系総合ウェブサイトで、Googleで「metal reviews」と検索すると1ページ目には必ず出てくるくらいの大手です。執筆陣による作品のレビューやライブレポートなどに加えて、読者参加型のデータベースがあるのが特徴です。

今回使うのはこのデータベースです。早速使い方を見ていきましょう。

Featured albumsの見方

Metal Stormの「Featured albums」ページに行きます。

ms004

このような検索オプションが出てきますが、一旦無視して下にいきます。

ms005

下のほうにはずらずらとデータベースに登録されている作品が羅列されています。それぞれの欄の意味は下記の通りです。

Band

バンド名です。クリックすると記号→特殊文字→数字→A→Zの順に並びます。

Album

作品名です。クリックすると記号→特殊文字→数字→A→Zの順に並びます。

Year

発売年です。クリックすると発売日順に並びます。初期はこの状態です。

Type

作品の形態です。クリックするとType別に並びます。

Style

ジャンルです。

Rating

読者による評価の平均です。クリックすると評価の高いものから順に並びます。

Votes

投じられた評価数です。クリックすると評価数が多いものから順に並びます。

Rev.

レビュー数です。クリックするとレビュー数が多いものから順に並びます。

SBS

(おそらくミュージシャン自身らによる)全曲解説です。

Lyrics

歌詞です。

Pages

ページ数です。1が最初、数字が大きいのが最後のページになります。[]でくくられているのが現在のページです。それぞれの項目は逆順にはなりませんので、逆から見たい場合は最後のページに行ってからさかのぼりましょう。

Filter albumsの使い方

表示された作品を、下記の検索オプションで絞り込んでいきます。それぞれのフィルターを入力あるいは選択したのち、「Filter albums」を押すと、条件に合った作品のみが表示されます。

From this year

入力した数値以降の年の作品のみ表示します。2000年代の作品を知りたい場合は2000と入力します。

To this year

入力した数値以降の年の作品は表示しません。2000年代の作品を除きたい場合は1999と入力します。

Minimum number of votes

ここに入力した数値未満の評価数のものは表示しません。

Show ‘invisible’ bands

チェックすると、情報が少ないなどでMetal Stormの基準を満たさない作品、バンドも一覧に表示します。それらのバンド/作品は灰色の文字で表されます。

Only with reviews / SBS / Lyrics

レビュー/全曲解説/歌詞のある作品のみ表示します。

Filter by type

選択したジャンルの作品のみ表示します。

All types/styles

チェックを入れると、すべての作品形態/ジャンルの作品を表示します。

Search

バンド名や作品名、曲名を、好きな文字列を入力して直接検索します。

Filter albums

条件に合った作品のみを表示します。

Show all

すべての作品を表示します。

具体的例:ブラックメタルを勉強する

例としてブラックメタルの歴史を勉強するためのリストを作ります。

「歴史的影響力の強い/著名な/評価の高い作品を発売日順に聴く」という目的に沿った表示になるようフィルターをかけていきます。といっても、基本的に評価数が多い=著名=影響力があるという判断のもとに、評価数の多い作品に絞り込むだけです。

まずはStyleのBlackを選択してFilter albumsをクリックします。

ms006

発売日順に並んでいますので、Votesをクリックして評価数順に並べなおします。

ms007

AGALLOCH『The Mantle』が1番??は???みたいな感情が出ても捨て置き、Votes数を見ます。画像撮影時点で1195です。この数を参考にして、影響力の低い作品を非表示にするために「Minimum number of votes」を決めます。大体評価数最高値の10分の1くらいが丁度いいでしょう。この場合は120とします。

フィルターをかけたら最後のページに飛びます。

ms008

このようなリストになりました。あとはこれを片っ端から聴いていくだけです。とはいえそれでは非常に時間とお金がかかるので、ある程度自分のなかで判断基準を決めるのもありでしょう。例えばRatingが8以上のものだけ聴くといった形で。

さて、作品を聴かなくても、このリストから学ぶことは多いです。例えば1981年のVENOM『Welcome to Hell』がFirst wave of black(ブラックメタルの第一波)の始まりであることがわかりますし、1990年代のIMMORTALやBURZUMなどはFirst wave ofがついておらず、第一波世代とは異なる存在であることがわかります。あるいはこのリストにはありませんが、METALLICA『St.Anger』のように評価数が多くて評価が低ければ、多くのひとが失望した作品なのだと判断できます。一見無味乾燥なリストですが、こうしたことも学べるのです。

なぜMetal Stormなのか?

客観的な基準で選べる

個人や雑誌が行うディスクガイドは、発信者の好みや歴史観が表れます(もちろん、そこがおもしろいところでもあるのですが)。一方不特定多数の評価によって得られた数字は、不特定多数のファンという客体による共通認識を映し出しています。もちろん、それは誰かしらのディスクガイドに不特定多数が影響されて形成されていったものかもしれませんし、また、Metal Stormというサイトの特色も考えなければならないでしょう。それでもこのデータベースにおける評価は、個人や、何かしら意図や信念を持って記事を書いているメディアのそれよりは今の時代の多数的な共通認識を表していることには違いないでしょうし、ひとつの歴史観として十分参考になるものでしょう。

検索が高機能

同じようなサイトにRate You Musicなどがあります。あちらのほうが評価数が多いため信頼度は高く、ついでに取り扱いジャンルも豊富なのですが、評価数で絞り込んだり、発売日順に並び替えたりといったことができません。メタルの大型データベースサイトMetal Archivesも同様です。

発売日順に並んだリストを見ながら絞り込まれた作品を選べるというのは勉強には有利です。作品の時系列や流れ、繋がりを意識しやすいからです。

また、今回のように時系列順に聴く、という目的でなくても、検索を工夫すれば色々なリストが作れます。

手軽

スマートフォンさえあれば数ステップでリストが作成できます。作ったリストはスクリーンショットでも撮っておけばいつでも参照できます。

文章でも勉強する

作品を聴くのは言わば実技。知識を深めるにはデスクワークも有用です。もっとも手軽なのは英語版Wikipediaを読むことです。誰が書いたかわからない代物とはいえ、引用元は明記してありますし、独自研究すると「独自研究です」と注意される程度には公平でなければならない場所なので、教科書的な歴史観を得るにはもってこいでしょう。

もちろん、教科書を読んだあとは、さらなる実技や、あるいは参考書――実際にシーンにいたひとたちの体験談などを読み聞きするとさらに教養が深まることでしょう。Metal Storm勉強法からはもれてしまうような「知るひとぞ知る作品」には、その時に出会えるはずです(もちろん、Metal Stormでも下限Votesを低くすればそういう作品もある程度引っかかります)

さきほどのBlack Metalを例にすると、なるほど、First waveについてちゃんと書いてあります。

真のメタラーは勉強しない

音楽を「勉強する」という表現は、ヴィジュアル系やロキノンジャパン系のファン――さらに言えば10代らしきひとたちがよく発しているような気がします。それは自分が未熟であるという意識や、あるいは上の世代が良くやる「その程度で好きを公言するとか(笑)」という嘲笑に対する防御から来るものなのでしょうか。

この「勉強する」という表現に違和感を覚えるひとは少なくないでしょう。自分はメタラーであると自負しているメタルウォーリアーたちならばなおさらです。なぜならメタルは生き様だからです。生来のものか、あるいは己が肉体によって体現するもので、決して勉強するようなものではありません。

もしあなたが真のメタラーになりたいのであれば、決してMetal Stormで勉強してはいけません。単純に便利/おもしろサイトとして利用するに留めましょう。

リツイート用

※パンダ画像は「いらすとや」様からいただきました。