メタル/ハードコア系個人レーベル兼音楽レビューサイト。

ヴィジュアル系、魚を溺れさせすぎ問題について。

記事イメージ

ムック「溺れる魚」

※スマートフォンやタブレット端末では上記画像を2回クリックすると再生されます。

僕はいつか窒息するだろう
愛も夢も何もかも光も見えないから
呼吸するのも忘れて泳ぎ疲れて溺れる魚

おそらく最も有名な溺れる魚。僕=魚パターンですね。彼らは「およげ!たいやきくん」もカバーしており、魚が泳ぎ疲れるさまに自らを重ねることになみなみならぬ執心があったようです。

ムックが魚を溺れさせたことによって、以後数々のバンドが魚をその手にかけてきました。ヴィジュアル系漁業組合元締めとも呼べる存在です。

DADAROMA「溺れる魚」

公式サイト

溺れる魚 水槽の中
ライトの上に積もった埃
ついついそれは偉そうにして 英雄を名乗り
ここが… ここが… 全て

チャグ系シンセメタルコア期待の若手も魚を溺れさせています。僕=魚という図式ですが、溺れているのは泳ぐことにではなく、自らの立ち位置になのがポイント。ひねってます。

根幹となる音楽は異なるものの、魚を溺れさせるのにはミドルテンポ以下の歌謡メロディが適している、というムック組合長の教えを忠実に守っています。

SADIE「溺れる魚」

bleach [通常盤] (CD)

一人ぼっちにはもう慣れました 幼い頃からの境遇です
水槽の中の魚が唯一 僕の話を聞いてくれます
(中略)
ある日 泳がず横向けでゆらり 僕の話を聞こうとしません
どうせ溺れてしまったんでしょう 泳ぎ疲れてしまったんでしょう

最近再録された初期の作品。近年のヴィジュアルメタルコア筆頭バンドでその個性をつかみつつあった(活動休止中)彼らも魚を溺れさせています。ムックとは違い溺れる魚に自らを重ね依存している僕≒魚パターンです。泳ぎ疲れるのはいっしょ。

これもミドルテンポ以下の歌謡サビで、漁業組合の推奨そのものです。というかこれ、サビの頭のメロディが完全にHOTEIの「POISON」ですね。たぬき大激怒のやつですね。

HOTEI – POISON

ケミカルピクチャーズ「溺れる魚」

まるで溺れ死ぬ魚
息も出来ないようだ
Falling (pain)
Calling (yeah)
ざわめく水面下

ガゼットを引き連れてツアーなどもやっていた餞ハナむケ。の元ボーカル平とHi-STANDARDのコピーバンドをやっていた西條が中心となって結成したバンド*。ダーティでダンサブルなメロから開放感と哀愁のある疾走サビに雪崩れ込むその出自を存分に発揮したこの曲でも魚を溺れさせています。僕≒魚の比喩表現です。このあと蛙に進化して井戸を飛び越えて泳ぐという劇的な展開を遂げます。

ミドルテンポ以下歌謡メロディという組合の教えに反しているものの、ボーカルの歌いまわしやメロコア要素、「翼を下さい」という曲がある点、音楽性の幅広さなど、元締めへのリスペクトを感じます。

deadman「溺れる魚」

公式サイトSite Of ScafFold (CD)

押し潰されてる自責に 神経は壊れ果てて
水槽ゼリー溺れてる 水槽ゼリー溺れてる

グランジやオルタナティヴをおもわせる音楽性とボーカル眞呼の退廃耽美な表現で独自の立ち位置を築いていた、00年代を振り返るうえで必ず名前が挙がるバンドも魚を溺れさせています。これも僕=魚ですが、水槽がグルグル廻ったりゼリーだったり一筋縄では溺れません。歌い方も「スソッ チョッ ヘッ テッ」と一筋縄では歌いません。

漁業組合が結成される3年もまえから独自の方法で魚を溺れさせていたことは賞賛に値しますし、まさに名誉会長と呼べるでしょう。

さて、2016年で活動休止から10年ですが、どうでしょう。どうなんでしょう。

Kra「夢で溺れた魚」

夢の中泳ぐ小春の魚は恋しくて恋時雨 会えなくて
ブルーマロウの様に時に色を変える
忘れられなくて 忘れられなくてまた君を探してしまうよ
僕は探し疲れて溺れちゃうんだ

君に溺れたってそれで消えちゃっても
夢の中だけでも側に只いたいだけさ

屋根裏の管理人 (CD)

ファンシー&メルヘンポップロックを自称する*PS COMPANY所属のこのバンドも魚を溺れさせています。僕=魚で、かつ疲れて溺れる黄金パターンですが、君に溺れる比喩も兼ねています。

メンバーの何人かは大槻ケンヂのファンなようで、それはナゴム系と立ち位置が似ていると言われることもある密室系に属していたムックの影響下にあると言っても過言ではないでしょう。そういえば以前大槻ケンヂが彼らと対バンしたとき「激テクバンド」と称していたような気がしますが、ネットでは見つけられなかったのでご存知の方情報ください。

ちなみに新作は「2013年より展開していた仮想世界“Joker`s KINGDOM”の完結作となる一枚」だそうです。何だその私の好きそうなやつは……。

Kra 『微笑みの葬列者』

サタヒナト (CD)

シド「必要悪」

ここからは歌詞内で魚を溺れさせる曲たちです。

呼吸を忘れた魚です

溺れて 溺れて 浮かんだ
最後の我がまま
いいですか?
あなたも あなたも
道連れ

現在のメジャーヴィジュアルシーンを引っ張る彼らもその昔魚を溺れさせています。元締めとほぼ同時期にミドルテンポ以下歌謡メロディという手法を用いていますが、わずか3ヶ月遅れてしまったことで表題曲の座はムックに譲り、歌詞内での使用に留まりました。

R-15「Last order」

ホルマリンの
海で溺れて
頭の悪い魚になる

アバンギャルド-前衛派-をコンセプトとし、丸尾末広ジャケットを採用したりもしている彼らもまた魚を溺れさせています。僕=魚のパターンです。ホルマリンで溺れたら頭が悪くなるどころではすみません。

なお、DIR EN GREY「FILTH」が基本骨格でありながらサビのメロディがPIERROTの「MAGNET HOLIC」という禁忌を犯したために表題で溺れさせる権利は剥奪されています。

【公式】R指定 両A面Single 『包帯男/八幡の藪知らず』SPOT

包帯男 / 八幡の薮知らず (Bタイプ) (CD)

Due’le Quartz「Sel-fish」

『誰か・・・僕に酸素を与えてください』マウス to マウスで・・・舌絡め合わせて
『そうさ・・・僕は窒息寸前、麻痺前の』溺れたサカナ・・・惨めな Sel-fish

ネオヴィジュアリズムを提唱し、最近ではSMAPにも曲を提供して国内でも世界でもその活動の幅を広げているMIYAVIが所属していたことでも知られる、当時絶大な人気を誇っていたこのバンドもまた魚を溺れさせています。僕=魚で酸素欠乏です。deadman同様2001年にその手腕を発揮していますが、表題で溺れさせなかったため歴史的影響力は小さいです。とはいえこの圧倒的存在感・・・

MIYAVI – Horizon

かっこいい。

176BIZ『深海に溺れた魚』

深海に溺れた魚 (CD)
アトリエ (CD)

ヴィジュアル系漁業組合所属アーティストの紹介もいよいよ最後になりました。締めを務めるのは彼ら。曲ではなくなんと作品名で魚を溺れさせています。しかも深海です。

歌詞中で直接魚は溺れていませんが、そう、お気づきの方も多い通り、この曲は元締めの初期代表曲「絶望」の完全なるオマージュなのです。

ムック (MUCC) 「絶望 (Zetsubou)」

冒頭のヘヴィなリフやサビの歌謡メロディ、映像の廃墟感、振り付け……在りし日のムックを思わせ涙を禁じえません。とはいえ、アルバム全体を聴くとラウドロック由来の跳ねるグルーヴや疾走感が顕著で、この曲だけで後追いパクリバンドと判断してしまうには惜しい存在です。

176BIZ – 十三月の贈り物

泣くょ。。。

残念ながらもう解散してしまっています。

††2014年12月11日追記††

DIMMDIVISION.「Deva_Loca」

公式サイト

ツイッターにてyoroi_melon氏に教えていただいたこのバンドもまた魚を溺れさせています(ありがとうございます!)。メンバー構成を見て「!!?」となりましたが、恥ずかしながら知らなかったうえ、現在当作品は入手困難なようで歌詞カードを確認できませんし、Youtube音質のせいで聴き取りも満足にできないのですが、「溺れる魚」、それだけはハッキリと、ええ、確かに聴き取りました!!

抑揚の効いた陰鬱な雰囲気かつシューゲイザーな音使いには名古屋を感じますし、deadmanの意志を(魚を溺れさせる的な意味で)確かに継いでいると言えます。CD欲しいです。

12012「Mental food」

青,溺れる魚よ 太陽に逆らうのか?
青,溺れる魚よ 大地に逆らおうか?

最初はDIR EN GREYフォロワーとされメジャーデビューしたくらいでポップになったとおもったら見事にMERODESU化して近年は新ギタリストの影響かメタルやら色々を見事なセンスで取り入れその音楽性を確立しつつある彼らもまた初期のころに魚を溺れさせています。ほとんどのバンドで見られる「僕と魚」という関係性を単純に用いないスケールの大きさを感じさせる歌詞になっており、さすが「人間の内面における狂気」というコンセプトをもとに活動していただけはあります。

ムックやシドとほぼ同時期に魚を溺れさせていますが、その難解さゆえに後世に影響を与えることは(魚を溺れさせる的意味で)ありませんでした。ちなみに、明日12月12日に無期限活動停止いたします。お疲れ様でした。

この曲もツイッターにてyoroi_melon氏に教えていただきました。感謝いたします。

12012 「THE SWAN 」

いやほんと名盤です。

まだあるはず

すでに語られている丘好きすぎ問題、そして今回の魚溺れさせすぎ問題。次に浮上する問題は何なんでしょうか。まだまだたくさん眠っていそうです。情報お待ちしております。

※DADAROMAはみそドラゴン氏、ケミカルピクチャーズはみ。氏にそれぞれ教えていただきました。感謝いたします。

リツイート用

関連記事