1月 2014

カバー画像

KNORKATOR『We Want Mohr』(2014, Folk Metal):EPにしたほうが良かった感

ジャケやアーティスト写真を見ていただければわかるようにコミカルな雰囲気が強く、あんまりメタルとしてマジメに聴くようなもんではありません。この手のバンドはいかに楽しく飽きずに聴けるかという点が重要です。 彼らの音楽性は、基本的にはタイトなリズムとヘヴィなリフのなかに民族的な旋律を挟… 続きを読むKNORKATOR『We Want Mohr』(2014, Folk Metal):EPにしたほうが良かった感 »

ミュージシャン自身が宣伝や経営などの舞台裏を語ることによる弊害

前書き 以下、ある記事を対象にいろいろ述べていきます。否定的な内容に受け取られるかもしれませんが、そういうわけではありません。その有効性を十分に認識したうえでの、「こういうことも考えられる」というものです。ビタミンは体にいいけど、取りすぎは良くないよ、というようなものだと思ってく… 続きを読むミュージシャン自身が宣伝や経営などの舞台裏を語ることによる弊害 »
カバー画像

ALTAR OF BETELGEUZE『Darkness Sustains the Silence』(Doom Metal):新年明けまして「なんかヘン」

先人があえて排除したような要素を再度取り込むことで新たな境地を切り開くことは、メタル界で頻繁に見られる。近年であればスラッジ/ポストメタル勢。BARONESSやGLOWN BELOWなどが、「ポストメタル」の先にあるオリジナリティを歌を軸に切り開こうとしている。 本作もそういった… 続きを読むALTAR OF BETELGEUZE『Darkness Sustains the Silence』(Doom Metal):新年明けまして「なんかヘン」 »

「ヴィジュアル系」に対する貴方の偏見をあらぬ方向へ持っていく新世代「ヴィジュアル系ロックバンド」

前書き こういう記事がすでにあります。 とはいえ、上記の記事は書いてる途中に知ったもので、本記事が当該記事に対するアンサーとかそういうのではありません。たまたま同じような趣味のひとが、けれどもまったく違う視点でヴィジュアル系と世間の偏見に対して向き合った。そういう観点で読み比べて… 続きを読む「ヴィジュアル系」に対する貴方の偏見をあらぬ方向へ持っていく新世代「ヴィジュアル系ロックバンド」 »