カバー画像j

FLESHGOD APOCALYPSE『Labyrinth』(Death Metal):実にィ、実にブルータルッッ!

シンフォニックとメタルという組み合わせの始祖はMETALLICAかRHAPSODY OF FIREか、とにかくそんな超有名な大御所の名前が出てくるくらいには歴史は古く、その相性の良さは証明されている。

さてメタルにシンフォニックを足そう、ということになったときにどういう方法が思い浮かぶだろうか。ひとつはギターとベースは従来通りメタルリフとして働かせ、持続音が得意なシンフォ系でメロディ性を加えてやるというものだろう。もうひとつはギターやベースを弦楽器の一種としてシンフォニーに組み込むという考えである。

先に挙げたRHAPSODY OF FIREは前者に近い。こちらはメタルとしての骨格はそのままなので構造としては割と単純で扱いやすい。

一方で後者はというと、ギターを無くしてチェロを使ったAPOCALYPTICAがこちらに属するだろうか。

とはいえ彼らは極端な例で、適例というとなかなか思い浮かばない。というのもこちらの方法はメタルの骨格そのものに弦楽器を組み込むが故に、そもそも交響曲に関して造詣が深くないと成功が難しいと思われるからだ(なんかいいバンドあったら教えてください)

ではFLESHGOD APOCALYPSEはどうだろうか。ギタリストのTommaso Riccardiが<ギターは弦楽器の一部として扱うよう試みましたね(*1)>と語っている通り、後者に属する。確かに彼らの曲ではギターリフとシンフォニックは別個に鳴っていない。両者は共にリフを奏でているし、互いにメロディをぶつけ合っている。

しかし、だ。話はそう単純ではない。普通にやったら、こんな曲構成成り立たないのである。メタルギターという主張の強いパートとシンフォニックというこれまた主張の強い要素で一緒にどんちゃかやったらとっちらかって何がなんだかわからなくなるんである。当然。そう、当然彼らにしても例外ではない。はっきり言ってギターと弦楽器が両者低音側を奏でている部分は音が混然となって何がギターで何がシンフォニックなのか良く分からなくなっている。さらにそこに激烈なブラストまで入ってくるものだから、この手の音楽に慣れていないと「ダーーーーッ」という音のカタマリにしか思えないだろう。

そう、だからこそ、だからこそ良い。

忘れてはならないのは、これがブルータルデスメタルだということだ。デスメタルの暴力的な部分だけを追い求めた音楽。怒涛の勢いで視聴者をなぎ倒す暴虐メタル。この界隈にあっては「混然となって良くわからない」というのはその暴虐性を証明する褒め言葉でさえある。

彼らがシンフォニックを大々的に導入したのは前作『Agony』からで、それ以前はしっかりブルータルなテクニカルデスメタルである。Tommasoも<それまでのアルバムでも部分的に使っていたオーケストラを“追加”したという事実は、進化の問題でした(*1)>と語っている。そう、以前彼らの骨格はデスメタルであり、デスメタルとして進化していく過程でシンフォニックを取り込んだということなのだ。それ故にこの音の混然さは“分離の悪さ”とはならずに“怒涛”として機能しているのである。そうしてシンフォニックの持つ流麗さを、暴虐の中に吸収してしまったのである。

本来ならば繊細な扱いが必要な交響のメタル骨格への取り込みを、圧倒的な力でデスメタルへと昇華してしまった本作は、構造的にとても乱雑で実にブルータルでデスメタル。ULCERATEPORTALと並んで、この界隈の極限として君臨するだろう。しかもその二つのバンドと違い、シンフォニックという汎用性のある特徴から、激ロックで紹介されるほどには売れ筋として、だ。

*1 Metal Assault「Fleshgod Apocalypse Frontman Discusses New Album ‘Labyrinth’」 2013-7-20