7月 2013

2013年上半期の音楽レビュー記事5選を自画自賛してみた。

第5位 CORTEZ『Phoebus』:ドラマーに焦点を当ててみた。(Mathcore) 同系統の作品の違いをドラマーの容姿からヒモ解くなんてこと、私以外にやってないんじゃないでしょうか。発想だけでなくて、割とちゃんとまとまってますし。ひとつ不満があるとすれば、8点ってとこですね… 続きを読む2013年上半期の音楽レビュー記事5選を自画自賛してみた。 »