メタル/ハードコア系個人レーベル兼音楽レビューサイト。

DEAFHEAVEN『Sunbather』:ALCESTを添えて。(Post-Black Metal)

カバー画像

ALCESTとポストブラックメタル

ブラックメタルが世に出てから何十年が経ったのだろうか。トレモロ、ブラスト、絶叫……先人たちの手によってブラックメタルはとうの昔に「ブラックメタル」という手法になっている。それはブラックメタルに限った話ではない。たとえば比較的新しいジャンルでのポストロックでも同様だ。2000年代の間にポストロックは完全に消化され「次の時代」は終わった。さらには、その手法をメタルに応用したポストメタルでさえ、ISISの解散とHydra Headの凍結によってその隆盛に幕を閉じている。

それではポストブラックメタルは、ひと時でも我々にブラックメタルのその先を見せてくれたのだろうか?これは素直にうなづき難い質問だ。なぜならば、ほとんどのポストブラックメタルが決してポスト・ブラックメタルではなく、「ポストロック」と「ブラックメタル」を足したものでしかないからだ。

とはいえ、たとえ結びつけたものが「ブラックメタル」と「ポストロック」だったとしても、やはりALCESTは衝撃だった。いや、二つの要素がカギカッコ付きだったからこそのALCESTだったのだと改めて思う。<音がどうかというところに関心はありません。私が目指しているのは、歌詞中の世界を描写することです。>(*1)とはALCESTの中心人物Neigeの発言だが、彼はブラックメタルやポストロックから既存のジャンル観を取り払い、ただ世界観を表現する道具として用いた。同時に、というところが肝だ。既に手法と化していた「ブラックメタル」と「ポストロック」だが、その背景にある思想は異なっていた。その二つの同時利用は、思想の衝突と消滅をもたらした。道具としての同時利用によって、二つのジャンルが持つ特性は完全に殺されたのだ。抜け殻となった二つのジャンルは、彼の感情と歌詞世界によって再び息を吹き返す。それは他人には到達し得ない、非常に個人的な形でのブラックメタルとポストロックの融合だった。音楽的な珍しさ以上に、世に蔓延した2つのジャンルを一度殺して個人規模にまで落としたという精神的な点が、なるほどポスト「ブラックメタル」でありポスト「ポストロック」であったのだ。

『Sunbather』

さて、DEAFHEAVENの『Sunbather』である。これは確かに素晴らしい作品だ。ポストロックと激情ハードコアのギターフレーズを、ドラミングと絶叫を用いてうまくブラックメタルの枠内に収めるその手腕は見事だし、何よりバンドとしての強度がとても高い。元々ブラックメタルの中では音のまとまりは良いバンドだったが、今作はさらにバンドとして固まっている。たとえばドラムの音。前作は抜けのよいスコーンという音のスネアが中心だったが、今回はどしっと芯の通った音になっている。ギターが輪郭と低音域を放棄した使い方になっているため、このドラムの重心の低さがバンドとしての地盤の固さにあたえる影響は大きい。また、全体としてリバーヴが控えめになっていて、そのことが音の結束感を強めている。本人たちが<私たちはメタルバンドです>、<ブラックメタル以上に影響を受けた音楽はありません>(*2)とはっきりとインタビューで述べているだけはある力強さだ。Pitchforkの<ジャンルに関わる議論は重要じゃない。今年出たブラックメタルアルバムのなかで、本作がいかに素晴らしいかを考えようじゃないか>(*3)という発言にも同意できるくらいに、ジャンルうんぬん以前に一個のバンドの作品としてとても出来が良い。

ただそれでもやはり、弱い。ALCESTに比べると圧倒的に弱い。それは本作が、極めて音楽的に、登場して然るべき流れで登場したからである。ALCESTはブラックメタルとポストロックを結びつけ、激情ハードコアの長ENVYはポストロックに傾倒した。まだメジャーな分野ではないものの、激情系ハードコアとブラックメタルが攻撃的な側面で混じったような音楽性のバンドCELESTECOHOLなど)も増えてきている。本作『Sunbather』が内包するジャンルの融合が結実するには十分過ぎるほど土壌は肥えていた。その事実と、本作の「ブラックメタル」が絶叫とドラミングというわかりやすいブラックメタル的演奏技法で表されていることも相まって、本作は既に手法としての「ポストブラックメタル」であるという側面が拭えない。それは作品の質とは全く別の話ではあるが、事実でもある。

ポストブラックメタルへの期待

ALCESTとDEAFHEAVEN。同じポストブラックメタルに括られる二つのバンド。単純にどっちが好きかと言われたらDEAFHEAVENと答える。ただ、この先たとえばGODSPEED YOU! BLACK EMPERORのようなレベルでの革新性を創り出せるとしたら?と聞かれたら、現時点ではALCESTと答えるだろう。現時点では、というのは、DEAFHEAVENはまだ若いバンドだし、その音楽観の広さから言って今後目覚しい進歩を遂げてもおかしくはないからだ。

あくまでメタルバンドとして活動を続けるDEAFHEAVENと、表現形態の一環としてメタルを選択しているだけのALCEST。異なる方向を向いているが、共にブラックメタルの次に到達する可能性は秘めている。果たして我々が真のポストブラックメタルを耳にする日は来るのだろうか。期待して待つことにしよう。

  1. *1 INVISIBLE ORANGES – Interview: Neige (Alcest, Amesoeurs, Old Silver Key, Lantlos) – November 1, 2011
  2. *2Vice’s NOISEY: Interview with George Clarke of Deafheaven | DEAFHEAVEN – 2013-06-22
  3. *3 Pitchfork – Deafheaven「Sunbather」By Brandon Stosuy; June 11, 2013
関連記事