Now Capturing...

OZZFEST JAPAN 2013 ~ももクロという正義、メタラーという悪。~

OZZFEST Japanはやはり戦争だった

http://natalie.mu/music/news/90444
ナタリー – ももクロ、Ozzfestで白熱ライブ「私たちがアイドルだ!」 – 2013年5月11日

(※以下引用部はすべて上記サイトより)

百田 今日はいつもの私たちでいくということを重視してやりました。あえてアイドルっぽく、「これがアイドルだ!」というのを見せたかったです。

コープスメイクとはいかないまでも、いわゆるメタルっぽい衣装で、Marty Friedmanでも呼んでメタルアレンジされた既存曲をやるのかなーと考えていましたが、ちがいました。浅はかでした。この日の彼女たちはあくまでアイドル。NARASAKI氏や人間椅子の和嶋氏が登場してはいるものの、それはオズフェスト向けのメタル仕様という意味よりも、ただ単純に「黒い週末」という楽曲があったから、ってだけのような雰囲気です(二人ともメタル原理主義的にメタルを体現するにはやや弱いですしNARASAKI氏はメタルじゃないですし人間椅子はややイロモノですし)

そもそも彼女らがいくらメタルに媚びたところで、怒り狂ったメタル原理主義者たちがその銃を花束に持ち替えるわけがなかったのです。どんなメタルの権威が彼女たちに力を貸そうともです。オズフェストという聖域を侵した時点で彼女たちはタブーそのものであり、それに力を貸すものは、たとえこれまでどんなにメタルに貢献していようとも、倒すべき敵でしかないのです。聖戦は、まぬがれなかったのです。

譲歩するか否か

この戦いに、もし彼女らがメタルアイドルとして、すなわちメタラーに歩みより交渉的な態度で臨んだならどうなったでしょうか。交渉は鼻から相手にされず、一部のメタル戦士に蹂躙され、その歴史に「譲歩したのに受け入れられなかった」という敗北を刻んだことでしょう。

一方今回のようにアイドルとして戦いを仕掛けたらどうか。ここでも怒りのメタラーたちが受け入れないのは同様です。しかし、それは敗北ではない。端から受け入れてもらう気がないからです。メタラーを改心させることができないから勝利はない。ただし敗北もないのです。

ももクロという正義、メタラーという悪

「今、目の前にいる私たちがアイドルだ! 今、目の前にいる私たちが週末ヒロイン ももいろクローバーZだ!」

勝利はない、と言いましたが、本件で彼女たちは圧倒的に正義です。そもそもオズフェストに出演している、すなわちOsbourne夫妻の承諾を得ている可能性や、LOUD PARKに出演したという経歴、前述のMarty Friedmanを筆頭とした音楽家たちの後押しが加わって、彼女たちは「プロにも認められるアイドル」という錦の旗を持っています。また、今回のフェスそのものも全体としては彼女たちに肯定的な雰囲気になっていたことが予想されます。言うまでもなく、メタラー全員が彼女らを拒絶しているわけではありません。メタルとももクロ両方を支持しているひともいるでしょう。また、ジャンル問わずおもしろければ何でもよい、というひともいるでしょう。ももいろクローバーZは、アイドル文化に馴染みのないひとにとっても確実に「おもしろい」部類のアイドルです。そこに、他の出演者のメタル度の低さ、すなわち観客全体のメタル度の低さも加われば、アイドルだろうがなんだろうが違和感なく盛りあがってもおかしくはありません。あと単純に、色っぽい若い乙女たちに黒っぽい中年成人たちが怒りをあらわにしていたら、とりあえず前者を擁護したくなるでしょうよ。そういうことでどう考えてもももいろクローバーZは正義であり、彼女たちを受け入れないメタラーたちは「頭の固いひとたち」という悪なのです。

百田 今日は、私たち自体が新しい方向の戦闘態勢だったんですよ。

彼女たちは正義を背後に、メタラーに媚びることなく戦った。そんな彼女たちと対峙したメタラーは否応なく悪となり、結果オズフェストはメタラーのための祭典でなく、ただただ盛り上がる、他の大規模フェスと変わらない意味の祭典になった。これが今回の事の顛末なんだろうな、とひとりごちております。

かんそう

NARASAKIが関わっているということもあり、ももいろクローバーZは結構好きです。ただ今回の一件に関しては、ちょっとこええなーと感じました。ファンの「楽しけりゃいいじゃん」という快楽主義でもって他人の楽しみを踏みつぶす矛盾とか、それを受け入れないひとたちを「正義」でもって容赦なく叩きつぶすとことか。

今回ももクロ側がやったことは『ビブリア古書堂の事件手帖』実写化における剛力氏と同じだとおもうんですけど、彼女らの場合背景にちゃんとした評価があるから余計恐ろしい。少なくともネット住民にとっては、彼女たちの現在の評判はゴリ押し宣伝ではなく実力から来るものだから盤石すぎる。反撃の余地なく、メタラーのようなマイノリティはつぶされてしまう。いやメタル戦士なんていくら血を流してもすぐ蘇るメタルゾンビなんでいいんですけど、今回の件に限らず、こういう構造の出来事って起こってるとおもうんですよ。自分の大切なものが侵害されたら。そして、それを守ろうとする行為が悪だとされたら。やっぱ、ちょっと、怖いですよ。

事前感想記事: OZZFEST JAPANへのももいろクローバーZ参加にメタル戦士が激怒した理由

おまけ: 俺たちのPIZZAFEST JAPAN 2013~イタリアーナ原理主義vsマヨラー編~