カバー画像

SYLOSIS『Monolith』:スラッシュのその先は、ボクにはまだ見えていない。(Thrash Metal)

MONOLITHEの『MONOLITHE III』というクソ検索しにくい作品を探していたときに発見したブツ。中身はどんなだか知らねーけど……でもこれも縁でございます、ジャケもバロネス感あってオレ好みズビッ!だし購入させていただきましょう!と購入したまま数か月放置していたという不憫なカレを、ようやく聴いてみました。

SYLOSISの『MONOLITH』ってめっちゃ高偏差値っぽい名前だぜぇぇ、と再生してみると、おお、なんだ様式美からの?からの?え、え、ススス、ス、スラッシュー!しかもゴリゴリ今風で硬質ー!のなかにメロさー!!と驚いているとさらにドーン!アトモスフェリックー!!(ここでおもむろに下半身を露出する)

とまあとてもよい感じなので調べてみたら、日本でもすんげーたくさんレビューされてるくらいの、飛ぶカラスを落として殺人ウイルスばらまいてる勢いのかたがたのようでした。無知恥。ここまでレビュー記事が多いと「お前が聴くのを許可する!しかしレビューするのは許可しないぃぃぃ~~~!!!!」と言われているようで消沈です。すみません。でもそれくらいでめげないって決めたの。私は、私のやりたいようにやるって決めたの。ブログの読者数を増やそうと「自殺する前に片づけておくべき666のこと(思いとどまるくらいにやっかい)」みたいな流行の記事名で読者を釣るのもいいけど、こうやって音楽に全然関係ない独白をズラズラと書きつらねて「コイツのレビュー記事ぜんぜん使えねー」って判断されて、ケッ、実用主義ならアトリエかぐやでもやっとけよ!(エロゲは『カーニバル』しかやったことがないスノッブのアタシ)と吐き捨てるのもイトオカシ。ピポイコシット。

さてSYLOSISですよSYLOSIS。音楽性はすげー大雑把にいうと、小難しいスラッシュ。それ初期METALLICAじゃん。その通り。初期METALLICAの音質をメタルコアに、小難しさをポストメタル感にしたらSYLOSISのできあがりっつーかんじっす。影響を受けたバンドにMETALLICAやNEUROSISを挙げているだけはある。そういうわけで、なんつーか、モダァン?文明開化の音がするっつー?天声人語のオルガズムっつー?ともかくスラッシュ四天王のなかでもANTHRAXがいちばん好き、という目も当てられない趣味の人には「こんなのスラッシュじゃねえっ!」って怒られそうな音でした。ん、その前に怒られるのは、オレェ?

現代的な垢抜けた音質にはマスタリング担当のJens Bogren(変顔じゃないほうのイェンス)が一枚噛んでいる。みんな大好きWikipediaで調べてみると、彼がよくつるんでいるのは近年のKATATONIAやPARADISE LOSTで……(って待て待て、両方よく知らないぞ?でも有名どころだし知らないなんて知られたらオレのコケン……って漢字で書けないから股間にかかわるから知ってる体でいかないとな、魔法のアイテムユーチューブアンドウィキペディアーアンドグゥゥゥゥーーーグル!あとXVideos)……確かに近年のPARADISE LOSTは「それ、お前らがやらなくてもよくね?」って古株から指摘されてションボリしている程度にはモダンだった。まっ、それは曲そのものの影響が強いんだろうけど。あと、OPETHの『Ghost Reveries』な。これはマジでてめーもか、っつー感じで、『Blackwater Park』のザリザリ感を一気に引き締めてモダンな音にし、「オーペス御大」を生み出して調子づかせて、しまいにはプログレに走らせたのは、てて、てめぇかあああ!?変顔のほうのイェンスの顔マネをしながら)。モチロン、上記3バンドはどちらかというと雰囲気で魅せるタイプのバンドで、その雰囲気に殺伐とした音質が関わっていたことから、そやつらと現代風び音の相性が古株的意味で悪かっただけであって、Jensのマスタリングが悪いというわけでは月に代わってないと宣言します。つうかむしろあれらのバンドの方向性を、おそらくバンド側の意向もあったにしろ、きちんとモダンにもってける腕前ってのは相当なもんだ。それに明確に意識してソッチ方面に進んでいたSOILWORKがその意と従来の血流を決定的に結びつけた『Stabbing the Drama』も手がけていた事実からも、彼が現代のオトヅクリに関して言えば天才的な音職人であることは間違いない。

さてもうひとり、プロデューサーRomesh Dodangoda氏にも注目してみよう。っていうかはじめて知った名前なので公式ウェブで調べたところ、うほー、コイツはエモエモしいやっちゃな。

メタルよりも感情あふれるロックが得意のようで、なぜ彼がSYLOSISを手がけることになったのかものすごく疑問。たぶん本人も、オレェ?って感じだったんじゃないの。キミのキモチ、トテモワカリマス。本作にエモエモしさはあまり感じないんですが、前作と比較したらわかるのかもしれませんね。

Romeshのプロデュースに関してはギターボーカルのJosh Middletonへのインタビューでも語られています。

Romesh was more focused on getting things recorded without over thinking them or being overly precise. We wanted the album to sound really honest and not 100% perfect. (*1)

ロメシュは、レコーディングに関して深く考えすぎないように、過剰に正確にならないようにということを意識してレコーディングしてくれましたね。今回のアルバムは、本当に正直なものに、100%完璧ではないものにしたかったんです。

この「100%完璧ではないもの」というのは彼の根底にある考えのようです。

Too many bands these days rely on technology and it can just suck all the life and personality out of the music. (*2)

最近は、たくさんのバンドが編集技術に頼ってますけど、そうすると音楽から生命力と個性が奪われてしまうと思ってます。

わかったわかった。でもちょっとまて、そう言ってるわりに、演奏ブレなさすぎねえか?ぼくたちはコンピュータに頼らなくても完成度高いです?だからこそロメシュにわざわざ注文つけて「荒さ」を出そうとしてやったあああぁぁぁ!???

はかどる飛躍。

なんにしろ彼らの演奏技術が高いのは事実で、それが彼らの生命力であり個性でもあるっつーことですね。

音質は以上のように、どこまでもイマドキのバンドなんだけども、曲に関してはむしろモダン化に否定的。メタルコアやメロデスからはゼッテーに影響受けてねー(*3)とハッキリと答えています。そんでもって影響元としてはMETALLICA、DEATHなどの「あーはいはいそりゃそうですよね」ってえのの他、NEUROSISやTOOLなどのアトモスフェリック系を挙げている(*4)。ああ?あああああ?となるとコレ完全にアレじゃねえか、「最近のワケエやつは……」じゃねえか!なるほどメタルコアやメロデスはアレだな、モダンじゃなくて、キッズ向けって認識なわけだな?メタルコアとメロデスはガキの音楽。スラッシュとポストメタルは高尚(キリッ)。チッ……おめー、メロデスがメタルで最もCOOL! COOL! COOL!だった時代を知らないクチだな……27歳かそこらの若造が……(*4)

「ボクたちはプログレッシブスラッシュメタルです(キリッ)」(*3)とJoshが言っているが、おめえ……不呂愚烈死武ナメてんじゃねーゾ……。たとえばスラッシュメタルを始祖にもつデスメタルにプログレッシヴを冠するプログレッシヴデスメタルを築いたOPETH御大。本作品とおなじデビュー3枚目の『My Arms, Your Hearse』と比べて『Monolith』はぜんぜん進歩的じゃねー……。OPETHが進歩的だったのは、いわゆるプログレッシヴロック的要素である変拍子や複雑な曲展開を取り込んだってだけじゃねーんだ。デスメタルの主要素であった突進力を取っ払って、ツーバスドコドコのミドルテンポ主体で「デスメタル」をやったってのが大きいんだよ。一方でSYLOSIS、君たちはなんだ、パーツとしてプログレッシヴ風パートを使ってるだけで基本骨格はただのスラッシュじゃねーか。それ、ぜんぜん進歩的じゃねーから。ただ高偏差値なだけだから。既存の評価基準の枠のなかで「良い」ってだけだから。

いやわかる。スラッシュのスラッシュらしさを損なわないで、さらに進歩的要素を入れ込もうという心意気はわかる。#2「Fear the World」のようにうまくいってるような曲もある。ただ、全体としてはまだスラッシュの域から出てない。前述の引き締まった音がスラッシュに精神性を宿すのを邪魔しているような気もする。あとスラッシュ好きすぎてリフ中心に考えているのかなんなのか、ドラムが素直すぎる。ポストメタルみたいに変な拍でスネアを鳴らしたりして欲しい。

モダンスラッシュの延長としてはとても素晴らしい作品なのは認める。けどポストメタルを影響もとにあげたりプログレッシヴを名乗ったりする意識の高さをもっているとなると、もっと期待しちゃいたいの。このままただのレビュワー御用達の高偏差値メタルで終わって欲しくないの。次回作ではぜひ、スラッシュメタルのその先を聴かせてくれよ。

*1 BLABBERMOUTH.net「SYLOSIS Members Discuss ‘Monolith’ Album In New Video Interview」- Aug. 28, 2012)
*2Metal kaoz「Sylosis – Josh Middleton」- Oct. 12, 2012
*3 SMNNEWS.com「Sylosis — Josh Middleton (Vocals/Guitar)」- October 9, 2012
*4 ROCK & METAL IN MY BLOOD「Sylosis: Interview with Josh Middleton」- Oct. 19, 2012