カバー画像

NOSAJ THING「Eclipse/Blue」映像の純粋さが尋常じゃない。

ともかく「Eclipse/Blue」の映像がよい。

最初は、あーきれいな映像だなー、凄げー、くらいに見ていたんですが、後半少女が登場したあたりでとてもいたたまれない気持ちになった。なにこれ。ピュアすぎる。あたしみたいな俗物にはピュアすぎるよ……。なんでこんなにピュアなんだよ……。かんがぇてみた……。

ようやく

きもちわるいちょうぶん

純粋さの象徴としての少女

少女である。やはり少女である。この白ワンピースの少女が純粋さの象徴であり、発信源である。なんてことをいうとソノ方面から叩かれそうだが、まあ待ってくれ。ひとまず、私はペドフィリアではない。メガネでショートカットでつり目で三白眼で猫背でBMI値21.5でPAGE BOYの服を着てALL STARのスニーカーを履いているドラマーの成人女性が好きなごくふつうの成人男性だ。それを踏まえて再度映像を見てほしい。美しい映像のなかで踊る顔の見えない白いワンピースの少女、というあざといにもほどがある記号を感じてほしい。そうした記号を、純粋さの象徴として読みとることはそう不思議な感性ではないはずだ。

そう、私は少女を見ているのではない。少女を介して純粋という概念を感じているのだ。高校時代の哲学の授業をかすかにおもいだしながらプラトンの言葉を借りるならば、純粋のイデアである。

光が持つふたつの特性

光はふたつの特性を持っている。ひとつは光それ自体としての光。直接的に我々に光として認識される光だ。身近な例で言ってしまえば蛍光灯だ。そしてもうひとつは照らしだすものとしての光。光に照らしだされた対象は我々の眼に映り、視認される。そのとき光は「対象への視認を可能にしているもの」として間接的に認識される。

光と少女の融合

映像では、少女は常に光に照らしだされている。Eclipseという言葉からもわかるが、それは「光としての少女」という演出だろう。つまりこの映像において少女は光によって照らしだされており、かつ擬似的にではあるが光それ自身である。映像では、少女上で、ふたつの光が同居しているのだ。

さて、少女は純粋の象徴でもあった。ということは少女と同化している光は擬似的に純粋の象徴になる。したがって、少女を見ること=直接的および間接的に光を見ることは、1+2の三重の仕方でもって純粋を感じることになるわけである。

この純粋の三重性こそが、この映像から発せられるいたたまれないピュアピュアピュアさの原因のひとつである。

到達不可能な純粋への擬似的な到達

ピュアピュアさの原因はそれだけではない。

純粋とはなにか。純粋とは何とも交わらずただそれ自身であるものである。それは我々の認識すら不純として相対化する。であるからして、通常であれば私が少女を介して純粋に到達したその瞬間に、純粋は私の認識という不純物よってカギカッコつきの「純粋」になってしまう。そのため我々が純粋に到達することない。だからこそ純粋は無限に純粋でありつづける。

それでは光を介した場合はどうか。前述のとおり、純粋の象徴は少女であり、光は擬似的に少女であるにすぎない。したがって、少女という純粋の象徴に擬似的に変態した光を介して見た純粋は擬似的な”純粋”であり、純粋と似たものでありながら純粋ではない。しかしながら、その”純粋”は純粋でないがゆえに、我々の認識をゆるし、「”純粋”」へとは変質しない。また、”純粋”という認識は純粋ではないがゆえに純粋を「純粋」へと変質させない。”純粋”は擬似的であり不徹底であるからこそ、概念のカギカッコへの次元低下を招かないという点で「純粋」よりも高次に純粋側にあるのだ。

まとめ

  • 光の少女は三重の意味で純粋
  • 光の少女は純粋に対して不純な「純粋」ではなく、純粋に対して不純ではない”純粋”をはらんでいる
  • なにいってるんだこいつ

ここまでわかりやすい記号として少女をもちいましたが、そのまえから登場している女性ももちろんその匿名性でもってピュアピュアー

さてさて、いま流行のプロジェクションマッピングですが、豪華絢爛方向じゃなくてこういう演出もできるんだよなー、とあたりまえのことに気づいたのでした。東京駅の映像が中止になって歯軋りしたひとはこの映像作品をみて癒されてください。

激動の音楽界の未来を守るために戦う三人の音楽戦士たち

小学女児に興奮する音楽戦士たち

音楽の価値とは??
音楽の価値とは??の続き??
(カンジ氏『Broadcast To The Blog』、2013年1月23日)

要約するとこんなかんじです。

  • 女子小学生の以下の姿勢に驚愕
  • ストリーミングで主に音楽を聴く
  • 音質なんて気にしない
  • 無料じゃないなら聴かないかも

この記事を皮切りにいろんなひとが「女子小学生(甘美なひびき)と音楽論をかわすなんてケシカラン!」といろんな形の「おれのおんがくろん」を展開しております。それぞれの「おれのおんがくろん」を読みつつ女神転生に思いをはせていたらなんかムクムクとネタがあがってきたので書いてみました。女神転生シリーズを知らなくても大丈夫だよ!

ロック好き(ロウヒーロー)

  • 音楽は、世界を救ってくださいます。
  • CDを店で買って家で再生するまでが音楽です。
  • 業界に金を落とさないものを生かしてはおけません。

No Music No Life!というかけ声がいまにも聴こえてきそう。ロックがアイデンティティのすべて。ロックを否定する存在を認めない。既存の「音楽業界」という秩序を重んじる。

好きな音楽:
ロック
嫌いな音楽:
ロックをかんじない音楽
愛読誌:
ロッキンオンジャパン
特殊能力:ロック化
なんだかよくわからないものはとりあえずロックにしてしまうことで、ロックを何度でも何度でも蘇らせアイデンティティの崩壊をまぬがれる恐ろしい能力。エアーバンドやアイドルでさえもロックにしてしまう。
弱点:女子小学生
しかし、その無邪気さに途方にくれる姿もまたロックであり、彼らロック好きの自己は保たれつづける。

ニヒリスト(カオスヒーロー)

  • 音楽なんてしょせん暇つぶしなんだよ!
  • 知ってるか?音源よりTシャツのほうがもうかるんだ。
  • 最近の趣味は映画だね。

ロック好きがロックの死を受けいれ自我崩壊し、あらたにロックの死をアイデンティティとしたすがた。カルマ値が低いロック好きの末路。音楽に愛想をつかしているかのように見えて、根底にロックがあることには変わりはなく、ロックへの執着をすてきれていない。ピュアピュアハートと現実にゆれうごく。

好きな音楽:
前衛音楽(ノイズ、ドローンなど)、低偏差値音楽(グラインドコア、初期デスメタルなど)、映画音楽
嫌いな音楽:
商業ロック
愛読誌:
個人ブログ
特殊能力:嘲笑
なんでも笑いから入ることで、入れこんだ対象が否定されたときのアイデンティティの崩壊をまぬがれる能力。また、ロック好きやロックを嘲笑うことでロックの死というアイデンティティを強固にする働きもある。「ロックの死」で味わった恐怖から産みだされた哀しい処世術。
弱点:違法ダウンロード禁止法
いろんな言い訳をして正当化してきた違法ダウンロードに刑事罰がついてしまった。もう恐ろしくてできない。だが音楽に金を払うことはロックな行為であり、ロックの死に反する。ピュアピュアハートは痛みつづける。

進歩主義者(YHVH)

  • 我が音楽観を称えよ。
  • ストリーミングで広がる無限の可能性!
  • 無料コンテンツを商業的に成り立たせるのだ。

ロック好きがロックの死を受けいれたのち、音楽の可能性をあらたに模索しようとしているすがた。その探究心をアイデンティティとしている。ロック好きにもニヒリストにも理解を示す。自らがいちばん音楽のよき理解者であると自負している。懐が深そうに見えるが、その実「懐が深いじぶん」に酔いしれているぶぶんがおおきい。性善説を信じている。

好きな音楽:
高偏差値音楽(インディポップ、エレクトロニカなど)、ジャズ(特にフリージャズ)
嫌いな音楽:
低偏差値音楽(ただし高偏差値要素があるもののみ認める姿勢をとることで懐の深さを演出する)
愛読誌:
SPOON、Pitchfork
特殊能力:長文
ときに経済的、ときに哲学的、ときに感情的にめまいがするほどの長文をしたためることで相手を説得し、「音楽について真剣なじぶん」を印象づける能力。すごくめんどくさい。
弱点:固執
しかし偏った姿勢への固執は「正しく導けばわかってくれる」という考えを破壊する。自らのアイデンティティの拠りどころを失いそうになると、それまでの笑顔は豹変する。固執を排除するためならば暴力も辞さない。

エンディング


ファイル形式への移行はモノがなくなるという点でレコードからCDへの移行以上におおきな変革です。音楽戦士たちが死闘の果てに見るものは、さて……。