カバー画像

SIGH『In Somniphobia』で思い出したけどコイツら世界に誇れないわ。

Cacophonousデ キグルアイテニ ムチャヲ ヤッテイタ イタンジニ モドッテシマッタ!

ブラックメタルを元になんかいろいろゴミゴミとまぜこんで、アヴァンギャルドというよりも「なんか変」な音楽をやってた初期SIGH。そこから音楽性を固めだしたとおもったら『Gallows Gallery』ではパワーメタルやってファンの度肝をぬき、つづく『Hangman’s Hymn』ではあまりにポップなシンフォニックブラックでメインストリームにブラックメタルという概念を浸透させ、ブラックメタル界のマキシマムザホルモンと呼ばれるようになった。その後集大成的作品『Scenece from hell』ではPVを作ったりHMVで連載はじめたりで露出増。いつの間にやら「日本が世界に誇れるメタルバンド」になっていた。

そんな流れのこの作品。露出増えたつぎってことでバンドとしてはかなり大事な位置づけなんですけども、これがまたまたどうして。

前作、前々作の延長のシンフォニックブラックで幕開けするんだけども、何を意識したのかわからんが妙に垢抜けた旋律と音。そこがヴィジュアル系や二次元関連作品、あるいはシンフォニックブラック黎明期にあふれたB級バンドに似通っててだっせえのなんの。さらに、アルバムが進むにつれてもうブラックメタルでもなくなってどんどんコミカルでチープでオールディーズな音作りになってきてもうなんか赤面照れ笑い。

そういうわけでこれを前作前々作に引きずられて「せかいに ほこれる!」っていってしまうと赤面に巻き込まれてしまう。だけども、じゃあその赤面具合をしっかり拒絶して「駄作。」と一刀両断するのも、また前作前々作に引きずられているだけなのであった。

正しい判断。それは「やっぱりSIGHは変わらねー」。

そもそもさかのぼるところ『Hangman’s Hymn』の評価のされかたが間違ってた。うえでもちょっと言ったけど、あれって結局すげえポップなブラックメタルで、だからこそいろんなリスナーに評価されたんだよ。それがブラックメタル、日本人、変態と評価されてる、っていう音楽性以外のナンカスゲー要素がそろってたためここぞとばかりに高偏差値集団が喜んでしまって、ポップさをスノッビーに翻訳しちまった。そしてスノッブがスノッブを呼び、次の『Scenece from hell』で「にほんが せかいに ほこれる!」バンドSIGHが形づくられてしまった。

でもちがうでしょう。SIGHって、ブラックメタルをうっすらと基本に和やらジャズやらプログレやらサイケやらもうなんかいろいろをムリヤリごちゃごちゃにまとめて手拍子しながら「SHI KI GA MIー!」とか叫ぶコミックバンドすれすれの恥ずかしい子たちでしょう。『Hangman’s Hymn』のポップネスも、実はそのコミックさがひょんな具合に結実したってだけでしょう。

つうわけで今作もその駄目な時期を思い出して聴いてみると、ああまったく変わっておられませぬ。このチープな!キッチガイじみた!人間としてダメな!世界にまったく誇りたくない!

まだまだついていくぜ!!

カバー画像

THE MENZINGERS『On the Impossible Past』を聴いて英語の勉強始めました。

まずはこいつを見てもらおう。

ABSOLUTEPUNK.NET Album review

俺をふくむ英語が得意でないひとはこれを見て思う。なんか歌詞の引用おおくねぇ?そう、そうなんだよ。そういうことなんだよ。

曰く、

君に送ろう
あの曲から盗んだあのコードを
空しさから借りたあのメロディを
物語を作るよりも観るほうが向いてるから
キャラクターたちは貧相で、プロットは進展しなくて、
始まるときには終わってるんだ
(#2「Burn After Writing」)

音楽的にWEEZERのひとことで片づけられそうなこのアルバムがMetacriticsで現時点で93点をたたきだしているのはなぜかしらん?そうそう歌詞からあふれるこの精神性のおかげなのよ。この精神性からつむがれる言葉が、彼らの感情あふれる音楽とガップリ寄ってるからなのよ。

それってばつまり、我々英詞が聴きとれない日本人がこの作品を真に評価するのが無理ってぇことをしめしてるんではないかい。それってばかなり、重要なことよ。なんでってそれは、このバンドだけに限ったことじゃないから。どの洋楽だろうと音を聴いてるだけでは、あるいは対訳を見てせっせと言葉を追ってるようでは芯に触れられない作品がこの世に大量にあることでしょう!

音楽に国境はないとは誰が言ったか。でもね、言葉の壁が、ほらここに。こいつを壊すにはそうさなぁ。必死に英語を勉強してみるかい?それとも対訳が英語の音と同化するくらい聴きこむかい?あるいは諦めてインストばっかり聴くってのもあるぜぇ?ええ、ええ、音だけで楽しむ。それもありです?ただね、その場合この作品を代表としたある種の作品群は大幅減点なんですよ。精神性てぇものがいかに芸術作品の評価にかかわるかだけは知っておいてくださいねぇ…。

Pitchforkが沈黙を保ってるからなのか、いまんとこ日本人のレビューが見られないですけども、まー以上のこともありますのでなかなか難しいところでしょうね。