Visual-kei

GANTZ『V-ROCK Symphony』で当時のヴィジュアル系を客観視。

クソ。マジでクソ。近年の90年代ヴィジュアル系リバイバルブームのなかで随一にクソ。この作品はGANTZというバンド?が90年代ヴィジュアル系の名曲をシンフォニックにアレンジしたもの。そのコンセプトは悪くない。お耽美な世界観とクラシカルな楽器の相性のよさは説明不要なくらいに音楽史的に明らかだから。なのに、それなのに、クソ。

まずアレンジが絶望的に安易。ギターを単にチェロだかしらねー弦楽器に置きかえただけのものがほとんど。ドラムはふつーにビートを刻んでやがんの。おめえらシンフォニックであることにこだわり持ってねーだろ。雰囲気だけでやってんじゃねえか?チェロだけでシャナナナナナナナニーズニーズやった2CELLOS見習え。

いや、これバンドとしての力がせめてAPOCALYPTICAくらいだったらまー聴けるだろうけど、ねーのよ。ギターはうっすいし、ドラムはかっすいし、ボーカルは下手なくせに鼻にだけはかけまくってシャクにさわるし。

つうわけでフリスビーやカラスよけとして使うのもはばかられるくらいクソな内容でした。たたきわってゴミ箱いきっすわ。ごめんやっぱレンタル品だからしない。

とここまで書いてふと気づく。

一部の音楽好きからしたら、当時のヴィジュアル系ってまさにこんなかんじだったんじゃなかろうか。安易な世界観でへたくそな演奏。そして気色の悪いキメキメのボーカル。そう考えると、このアルバムは90年代ヴィジュアル系を見事に再現している、近年随一の名盤におもえてきた。いやもちろん二度と聴きませんけども。