メタル/ハードコア系個人レーベル兼音楽レビューサイト。

downy『無題 (2nd)』で交錯する静と動。

カバー画像

※文章再利用企画。2003年に書いたもの。

月は美しい。そして月というのは満月や三日月だけではない。ウスモヤのかかった、闇夜に浮かぶ輪郭のかすんだ月もまた、美しい。本作はそのような情緒を見事にあらわした逸作。

さて、こきざみなシンバルとドラムロールが疾走感をかもしだす#1「葵」で幕をあけるわけだけれど、その疾走感というのはふつうのひとがイメージするような、さわやかな、つきぬけるものではなくて、もっとくらく沈んだ疾走感である。それって疾走感なの?という疑問もあるだろうけど、いやいや。陰惨な疾走、それは我々自身。 そしてその疾走のさきには黒い夜の淵。アルバムの印象をきめるうえで重要な頭2曲の流れは完璧といっていい。

#3「黒い雨」は静と動がみごとに交錯している逸曲なわけだけれど、ここで注意したいのが、交錯、という言葉にもあらわれているように、彼らにおいて静と動は背反二律のものではない。一般的によくある「静」で進み「動」に切り替わる、ということではなく、あくまで交錯、「静」と「動」はときに独立し、ときに重なりあうわけです。何この巧みさ。あいからわず無感情で中立的なドラムが「静」と「動」の緩衝剤のひとつであるということは間違いない。とおもう。 で、いよいよオフィシャルで試聴させているまあ一般的なところのシングルあつかいだとおもわれる#4「象牙の塔」。#3が「静」と「動」の交錯であるならば、これは「静」と「動」の融合である。「動なる静」とでもいおうか。氷が青白く燃えあがっているような。おどるんだよ、やぶき、みたいな。 そのあとは<静寂が歩き出す>という歌詞そのまんまのイメージの#5「三月」、なきがらと読む#6「無空」、本作品のベストタイトル#7「犬枯れる」と三つの空虚が繰り出される。そして一定のフレーズを執拗に繰り返し我々を音とともに空間にただよわせてくれる#8「月が見ている」で本作は幕をとじる。これ、「ジョイメカファイト」のホウオウステージが思い出されるんですが、ホウオウステージが月であるのは偶然ではないのでありましょう。

前作に比べて前に出ないこもり気味な陰惨で繊細なギターワーク。音も内側へこもっていく、というよりは体内へ沈んでいくような感覚であり、酩酊というよりは、退廃。体内がじわじわと黒ずんでいき、からからに枯れていくようだ。

関連記事